過去の記事
2013
初夏(入口)
2012
春〜夏
2011
初夏
冬〜早春
2010
冬〜早春
2009
2008
2007
初夏
2006
2005
夏〜秋
2004
2003
2002
夏〜秋
初夏
2001
春2
春1
早春
2000
早春
1999
1998
初秋
初夏
春2
春1
早春
1月の空中庭園は新年の始まりといった華々しい感じにはなりにくいです。 休眠しているハーブも多く、見た目的にも地味です。 大掃除の時にバラの土替えを終了していなければ、いまからやることになりますが、それが終わっていれば虫も病気も少ないので割とヒマです。(まあ、終わっていないことも多いのですが)

お正月が終わるとセールの時期、衣類ほど極端ではないですが、園芸の売り場でもいちおうセールがあったりします。

手袋
バラの作業に欠かせない手袋
土替え途中のミニバラの根
土替え途中のミニバラの根
でも買い物に出かけるにも寒い冬、こういう季節にはやはり、いわゆるコタツ園芸に限りますね。 以前にもすこし紹介しましたが、カタログを送ってもらえる種苗やさんはけっこうたくさんあります。 たとえば・・・

改良園

国華園

サカタのタネ

タキイ種苗

玉川園芸/日野春ハーブガーデン

花の大和

など(五十音順)

バラ園でも通信販売はたくさんあります。 たとえば・・・

京成バラ園

京阪園芸

広島バラ園

など(五十音順)

ネットショッピングできるお店もどんどん増えていて、楽天市場などで検索すればたくさん見つかります。

インターネットで検索してカタログを取り寄せるか、WEBショップで手早く買い物するか、お好み次第です。(カタログは夏の終わりから秋にはもう出ていることが多いですが。)

わたしはやはり、何度もページを繰って写真をながめたり、付箋を貼ってみたり、という楽しみは捨てがたいです。 買える物には限度がありますから、主にベランダには置けない花や果樹などを鑑賞するということになるのですが、

植物はやっぱり現物を見て選びたいという場合も、用土や鉢などの重い資材は通信販売での調達はお勧めです。 送料はかかりますが、重いものを持って歩く負担を考えればお得かと思いますし、まとめ買いすれば送料無料という場合もあります。

さあ、カタログや画面をながめて今年の抱負をふくらくませましょう・・・春になって注文の品が届いて置き場所に困らない程度に。(笑)


[前の季節へ]           [HERBの庭 入口へ戻る]           [次の季節へ]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2004-2017 All rights reserved