Sage
Sage
学 名 Salvia officinalis
英 名 Sage
伊 名 Salvia
仏 名 Sauge
和 名 薬用サルビア、コモンセージ
科 名 シソ科
原産地 地中海北岸



刺激のある強い匂いは、好き嫌いが分かれるところです。  英語のSageという名が、ソーセージ(Sausage)の語源になったように、食欲がわく匂いだと思う人もいれば、イタリア語のSalviaという名が、ラテン語のSalvere(治療する)やSalvus(健康)に由来しているように、ちょっと薬臭くて好きになれないという人もいるようです。 あなたはどちらでしょうか。
セージの仲間はたいへん多く、何百もあるそうですが、料理や薬草として使われるのはコモンセージで、葉は灰緑色でしわと毛があり、花の色は紫・ピンク・白があります。 コモンセージと同じ仲間にはレッドセージ、トリカラーセージ、ゴールデンセージなどで、それぞれ葉の色に特徴があります。
春または秋蒔きの多年草です。 苗もよく売られていますので、そちらでも。 日当たりがよい場所を選んで、水はけのよい肥沃な用土で育てます。 寒さに強くて常緑ですが、高温多湿には弱いです。
背丈が30cm〜50cmくらいになりますが、大きくなるほど枝がもろくて折れやすくなるので、支柱をそえたほうがいいかも。 または、適当に切り戻して側枝を茂らせてもいいのですが、花を期待する場合は花期である夏前に切ってしまわないようにしましょう。
やや害虫が付きやすく、イモムシ、アオムシ、毛虫類に葉を食べられてしまったり、夏場に乾燥しすぎればハダニが発生したりします。 株がしっかりしているので、葉を食べる虫は見つけ次第捕り、ハダニは葉裏にシリンジ(水を霧吹き)すれば、大きな打撃は防げると思います。 いちばん困るのはネキリムシで、根元からやられると壊滅的です。
肉、魚の料理の臭み消しと香り付けに。 野菜料理にも良く合います。 とても匂いが強いので使いすぎないよう、少量から試してみましょう。 少し苦味や渋みもあるので、気になる時は食べる時には取り出してしまってもいいと思います。
 セージを使ったメニュー コモンセージの花 コモンセージの花 by今日子さん

コモンセージの花

この写真は、ずっとセージを栽培していらっしゃるお友達の今日子さんにいただきました。

 他の種類のセージ コモンセージとは少し違う仲間を紹介します

 もっと、セージ セージはとても種類が多く、奥が深いのです。


[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2001-2017 All rights reserved