Coriander
Coriander
Coriander pot
学 名 Coriandrum sativum
英 名 Coriander
仏 名 Coriandre
伊 名 Coriandolo
和 名 コエンドロ
中国名 香菜(シャンツァイ)
科 名 セリ科
原産地 地中海沿岸



コリアンダーの名前の由来はギリシャ語のKoris、なんと南京虫の意味です。 確かに、葉と未熟の果実(種子)の匂いは、南京虫やカメ虫の悪臭に似ています。 でもこの独特の強い匂いは、タイ料理、ベトナム料理には欠かせませんし、中華料理にも使われます。 一度食べたら忘れられない味で、エスニックな匂いととるか、悪臭ととるか、人によって好き嫌いの大きく分かれるところです。
ところが、不思議なことに完熟した果実(種子)はアニスのような甘い匂いになり、色々な料理やお菓子のスパイスとして、そしてカレー粉の材料として使われます。 また、ポプリに材料にも使えます。
春または秋まきの一年草です。 春まきの場合は、すぐに花芽が出できてしまいますし、アブラムシがつくことも多いので、特に葉を利用したい場合は秋まきの方がおすすめです。 種子は球形をしていますが、割ると2つに分かれます。 まく前に2つに割って半日ほど水につけておくと芽が出やすくなります。 大き目の種子ですが、覆土は5mmくらいで充分です。 根を触られるのが嫌いなのでじかまきに。 コリアンダーの種子
平らなところへ並べて下敷きなどでそっと押さえると、簡単に2つに割れます
初めは成長が遅いのですが、間引きしたものを利用しつつ、本葉が10枚くらいになったら本格的に収穫できます。 外側(下側)の古い茎の根元から切ります。 花や実を楽しむ場合は背が高くなりますから、倒れないように支柱を立てて。
春にピンクのかわいい花が咲いた後は、果実(種子)が実ります。 はじめは鮮やかな緑だったものが黄色く熟してきたら、収穫して乾燥させて利用します。 茎ごと刈り取ると楽です。

コリアンダーの花
花の後は・・・

収穫した果実(種子)
果実(種子)が実ります

 コリアンダーの葉を使ったメニュー

 コリアンダーの果実(種子)を使ったメニュー




[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2001-2017 All rights reserved