Lemon Balm
Lemon Balm
学 名 Melissa officinalis
英 名 lemon balm/Melissa
和 名 セイヨウヤマハッカ、香水薄荷
科 名 シソ科
原産地 南ヨーロッパ


レモンに似たさわやかな匂いのハーブです。 同様にレモンの匂いのするレモングラスに比べて、柔らかな匂いです。
古くから蜂蜜を集めるための蜂源として利用されました。 別名のMelissa(メリッサ)はラテン語で蜜蜂を意味し、Bee Balm(ピーパーム)という別名もあります。
春または秋蒔きの多年草です。 挿し木でも増やせます。 少し湿りがちな土を好むので、水を切らさないようにします。 半日陰でもよく育つ、うれしいハーブです。 もちろん日向でもかまわないのですが、特に夏場などは日当たりが良すぎると葉が固くなってしまい、匂いが悪くなってしまいます。 寒さには比較的強く、背が低く緑の濃い新芽の状態で冬越するので、枯れた背の高い部分は切って整理して春を待ちましょう。
夏に背丈が高くなり開花して、放置しておくとかなり高く1mくらいにもなりますが、ひょろひょろと細くて頼りないので、鉢植えでは扱いにくくなります。 そうなる前に適当に切り戻して側枝を茂らせて横へも茂らせてもいいです。
多年草ですが、数年そのままで栽培していると、匂いが薄くなるので、株分けや挿し木、または新しく種を蒔きなおす、などしたほうがいいようです。
ハーブティに使われる代表的なハーブです。 ミントやレモングラスなどとも相性がいいので、一緒に合わせたティーもおすすめです。 柔らかい葉はサラダに加えたり、みじん切りにしてドレッシング類に。 肉・魚の料理に、強すぎない香り添えとしてどうぞ。
初夏から夏にかけて、とても地味な小さな白い花が茎のすぐ横に咲きます。 つぼみは丸くて黄色いです。 放置しておくと結実し、こぼれ種が芽吹きます。 レモンバームの花 レモンバームの花 レモンバームの花
レモンバームの花

 レモンバームを使ったメニュー



[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2002-2017 All rights reserved