Fennel
Fennel
学 名 Foeniculum vulgare
英 名 Fennel
伊 名 Finocchio
仏 名 Fenouil
和 名 茴香(ういきょう)
科 名 セリ科
原産地 地中海沿岸



草丈の高い多年草です。 1〜2mにもなります。 糸状の細い葉で、ディルによく似ています。 甘いけれど、さっぱりした香りです。
この写真はスイートフェンネルです。 他にイタリア料理で株元の肥大した部分を使うフローレンス(イタリアではFinocchio=フィノッキオと呼ばれています)や、青銅色をしたプロンズなどがあります。
多年草です。 初夏に苗から育てるといいでしょう。 根に触られるのが嫌いです。 苗を定植する時は、根のまわりの土を崩さずにすっぽりと。 そして、植え替えしなくていいように、充分大きな鉢に入れます。地植えでないとムリだという人もありますが、大丈夫、わたしは鉢で何年も育てています。
日光が好きですが、半日陰くらいでも大丈夫。 少し涼しい方が調子いいので、真夏はむしろ日の当たりすぎに注意しましょう。水分が不足しても、あまりしおれませんが、カラカラになる前には、水やりを。
ひょろひょろと背が高くなりますから、あぶなくなってきたら支柱を立てます。
収穫は基本的に外側からですが、どんどん茂るので、バッサリ切っても大丈夫です。鉢植えでは大きくなりすぎると手におえないので、積極的に収穫するといいでしょう。 なお、フローレンスは株元からごっそり収穫します。スイートの茎も、細いですがなかなかおいしいです。 どちらも、魚料理に合います。
葉や茎だけでなく種も利用できます。 パンやケーキに焼き込むと甘い風味がつきます。 花の時期は初夏で黄色い小花が放射状にたくさんつきます。 種を収穫するなら、ディルと交雑してしまわないように、なるべく遠くに離して置きます。 花の後少し茶色になったら茎ごと切り取って陰干し乾燥します。
アブラムシがつくことがあります。 乾燥するとハダニもつくようです。 葉が細かくて退治がしにくいので、ついたところを早めに刈り取ります。
フェンネルの葉は見た目が爽やかなので、魚料理に添えると引き立ちます。
わたしはスイートをつくっていますが、いつの日かフローレンスを育てて、大胆に収穫してみたいな〜、と思っています。
涼しい時の方が調子がいいのですが、とても寒い時は枯れてきます。 真冬は枯れた地上部分を根元の芽を残して刈り取ってしまって、軽めの土で芽をおおっておくといいでしょう。
セリ科の中では、おおいに丈夫な方だと思います。 かなりでたらめに収穫しても平気。
ただし、根元付近の新芽は大事にしましょう。 鉢植えなら、背が高くなりすぎないように、上の方はどんどん収穫した方がいいかも。 花や種を楽しみたい場合は、すーっと伸びた花茎は切ってしまわないように注意してくださいね。


[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 1997-2017 All rights reserved