Ratatouille


南フランスの家庭料理ラタトゥイユ、夏の野菜をたっぷりと使った太陽の味です。 厚手のお鍋で、水を使わずに煮込んでください。
できたてをそのままたっぷりと、パスタソースとして、肉や魚の料理の付け合わせにも、と応用範囲は広く、冷やしてもおいしいので、夏バテで食欲のない時にもどうぞ。
少しずつ作るとかえって手間がかかるので、下のような分量で作っています。 たくさんできますが、冷凍保存しておけるので大丈夫。


パスタソースにもどうぞ


ざいりょう
トマト 8個
ピーマン 3個、できれば各色1個ずつ
なす 3本
ズッキーニ 2本
たまねぎ 1個
にんにく 1〜2片
タイム 2〜3枝
ローリエ 2〜3枚
とうがらし 1本
オリーブオイル 全部で100cc程度
塩・こしょう 少量
たっぷりの夏野菜


つくりかた
1 トマトを湯むきし、種を取り除いて荒く切る。
2 ピーマンはヘタと種を取り除いて、3cmくらいの角切りにする。 ていねいにする場合は、皮をむいてから。
3 なすとズッキーニは1〜1.5cmくらいの輪切りにし、塩をふって30分くらいあく抜きをする。
4 たまねぎをくし型に切る。
5 にんにくをつぶし、とうがらしは種を取り除く。
6 鍋(厚手のもの)にトマト、にんにく、タイム、ローリエ、とうがらしを入れてとろ火にかける。
7 ピーマン、水分をきったなすとズッキーニ、たまねぎをたっぷりのオリーブオイルで炒める。 分量が多く一度に炒めるのは難しいので、1〜2種類ずつ炒めるとよい。
8 67を加え、ふたをして15分煮込む。 次にふたをとって水分を飛ばす。 この時に焦げ付きやすいので、木ベラなどで混ぜながら煮る。 火加減は常にとろ火で。
9 にんにく、とうがらし、ローリエを取出し、塩・こしょうで味を整える。


ピーマンは皮をむいておくと仕上がりの味と舌触りがよくなります。 オーブンか直火で表面がまんべんなく黒くなるまで、回しながら根気よく焼きます。
野菜の種類と量はお好みで自由に増減してください。 切り方もお好きな大きさでどうぞ。
野菜の甘みを楽しむために、塩・こしょうは控えめがおいしいですが、パスタソースに使うなら、少し濃い目がいいでしょう。 あるいは、塩をあまり入れないので、パスタをゆでる時の塩をちょっと多めに入れてください。


[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2001-2017 All rights reserved