Penne all'Arrabbiata


真っ赤なとうがらしが収穫できたら、真っ赤なパスタをつくりましょう。 とても手軽でおいしい一皿です。
とても辛いので、怒ったペンネ=ペンネ・アラビアータと呼ばれている料理です。「アラビアータ」は怒った、という意味。アラビア風ではありません、念のため。


Penne all'Arrabbiata


Peperoncini

ざいりょう
ペンネ(ペン先の型のパスタ) 200g
とうがらし 1〜3本
トマトの水煮(缶詰) 250cc
にんにく 1かけ
オリーブオイル 50cc
適量
つくりかた
1 とうがらしは種を抜いて、刻んでおく。 にんにくをみじん切りにするか、つぶしておく。
2 1のとうがらしとにんにくをオリーブオイルとともに、フライパンに入れてから火にかけ、弱火で炒める、焦がさないように注意。
3 2にトマトの水煮を加え、トマトをつぶしながら煮詰める。
4 ペンネをゆでる。 沸騰した湯に塩をたっぷり入れ、固めに。
5 4がゆで上がったらお湯をきって、3に加えてあえる。

Peperoncini


バスタは、どうしてもペンネでなくてもかまわないと思いますが、厚さや穴のあき具合から言ってもやっぱりペンネがぴったり。 穴の部分がおいしい・・・って、ちょっと変だけど。 そして、ゆで具合は固ゆでに。 あえている間にすこしのびますから、まだまだ固いのでは、というくらいでもちょうどいいんです。
このレシピではソースに塩を入れないので、パスタをゆでる時の塩はちょっと多めに入れてください。 お湯1リットルにつき大さじで山盛り1杯くらいでしょうか。 (もし、ソースに塩味を加えたい場合は、ゆでる時の塩は控えめに。)
とうがらしは、市販されている乾燥した鷹の爪でもかまいません。 でも、生のものを使うととうがらしの香りが楽しめます。 とうがらしは辛いばかりではなく、香りもあるんですよ。


[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 1998-2017 All rights reserved