ハム風のローストポーク


ハーブとワインでじっくりと漬け込んで、ハムのような風味をつけたローストポークです。 スモークしないので、オーブンで作れます。 クリスマスやお正月、パーティの時、もちろん普段の食卓にもどうぞ。


ハム風のローストポーク


ざいりょう
豚肉(ロースのかたまり) 400g
30cc
砂糖A 小さじ1
白ワイン 50cc
ハーブ、スパイス、野菜 80〜100gくらい
にんにく 1片
サラダ油 小さじ1
砂糖B 小さじ1


つくりかた
1 豚肉に塩と砂糖Aをすり込む。 ハーブ、スパイス、野菜を適当な大きさ(3〜4cmの長さの細切り程度)に切る。 にんにくを薄切りにする。
2 ポリ袋を2重にし、豚肉とハーブ、スパイス、野菜、にんにく、白ワインを入れて、なるべく空気を抜いてを口をしばる。
3 2をちょうど収まるような容器に入れて、400gの重しをのせる。 ちょうどいい物が見つからないときは、400ccの水を入れたポリ袋をのせると良いが、水が肉のわきに逸れてしまわないように注意する。
4 冷蔵庫で3〜4日寝かせて漬け込んだ後、袋から肉を取り出す。 ボールなどにたっぷり水をはって入れて肉を浸けて、冷蔵庫に入れて、1時間ほど塩抜きする。 水を3〜4回取り替える。
5 網にサラダ油(分量外)を塗って、肉の水分をよくふき取ってのせる。 サラダ油と砂糖Bを混ぜ合わせて肉に塗る。 なお、受け皿にアルミホイルを敷いておくと、焦げが直接付かないので、後片付けが楽。
6 200度のオーブンで約50分焼く。 焼きあがったら、オーブンに入れたまま10分ほど蒸らす。
7 オーブンから出して粗熱を取り、ラップに包んで冷蔵庫で冷やす。 切るのは食べる直前にし、保管も必ず冷蔵庫で。


豚肉はロースまたは肩ロースのかたまりを用意します。(上の写真は肩ロースを使ったものです) できあがりを考えて、形の良いものを選びましょう。 ある程度の脂身があったほうがしっとりとしておいしいのですが、あまりに多すぎる場合は少し切り落とします。 できあがりはだいぶん縮むので、たくさん食べたい場合は、大き目の肉を用意し、他の材料と焼き時間を増せばいいでしょう。
2で加えるハーブ、スパイス、野菜は、お好みのものを色々と。 わたしが合うと思うのは、ハーブはローズマリータイムパセリチャービルローリエ(これは1枚で充分)など、スパイスは胡椒、ナツメグ、クローブ(これは入れ過ぎないように)など、野菜は玉ねぎ、セロリ、にんじんなどです。
オーブンの力や癖によって焼き上がりが違ってきます。 わたしは電気オーブンを使っていますが、ガスオーブンだと力があるので、焼き時間はもっと短くなるのではないかと思います。 何度か試してみて、ちょうどいい時間を見つけてくださいね。 焼きあがりは、肉の真ん中へ竹串を刺してみて、透き通った汁が出てくればOKです。
できあがってすぐよりも、次の日以降のほうがおいしいと思います。 でも、市販のハムとは違って保存料が入っていませんのであまり日持ちしません、早めに食べきってください。 また、やはり市販のハムとはちがって塩だけで味付けしているため、塩味が強いと感じると思います。 強すぎる場合は、4の塩抜きの時間を長くしてください。


[HERBの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2001-2017 All rights reserved