Hocus Pocus Kordana ホーカス ポーカス・コルダナ


一輪目大きめの株になり、5〜8cmの大輪の高芯咲き。
明るい朱色とオレンジの絞り模様、日本のバラの祭り(マツリ)に似ています。
hocus‐pocus(ドイツ語ではhokuspokus)とは、呪文、奇術、手品 あるいは まやかし、いんちき、ごまかし、等の意味だそうで、エンゲルベルト・フンパーディンク作の子供の為のオペラ『ヘンゼルとグレーテル』の歌詞にも魔法の呪文として出てきます。

コルデスには、他にも Hocus Pocus という名前のバラがあり、そちらはもっと暗い赤と黄色の絞り模様で、登録名は R.KORpocus'と別物です。

※クリックすると原寸大で見られます。



ミニとしては大きめミニとしては全体的に大きめ、花径が7cmほどになることも。 背丈もよく伸びて30〜40cmになります。 花持ちも良いです。

※クリックすると原寸大で見られます。



夏の花夏にも濃い色で咲きました。 暑くても色が薄くなるとは限らないんですね、弁質がしっかりして良いせいかも。

※クリックすると原寸大で見られます。




[HERBの庭 入口へ戻る] [薔薇園 へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2013-2017 All rights reserved