Claudia クラウディア


魅力的なグラデーションパレードシリーズの1つ。(2009年に生産終了) フロリアード(国際園芸家協会の国際園芸博覧会)で銀賞を受賞しています。

ミニチュアながらも、春先にはPierre de Ronsard(ピエール・ドゥ・ロンサール)に似た、アンティーク調の花として咲き、暖かくなるとやや剣弁咲きに。
淡いグラデーションが魅力的です。 中心のピンクから周囲の白へ、白色部分はやや緑がかります。 花径2〜3cmくらいです。

※クリックすると原寸大で見られます。



春の初め、室内にて最初は2月に蕾のついたものを入手したため、そのまま窓辺で咲かせました。
株は小さめで、繊細で少し弱そうに思えましたが、案外丈夫に育ちました。



蜂が蜜を集めに来ました花芯ははじめは黄色、最後には茶色くなります。 蜂が蜜を集めに来ました。



夏の花をぎっしり生けて夏の強い日差しの中では開ききるのも早く色あせやすいので、早めに切って室内で楽しみます。 小さな花瓶にぎっしり生けてみました。



グラデーションこんなふうにグラデーションがきれいに出ることは案外少なかったかも。 花の形も安定しなくて。 そのあたりが生産終了の理由でしょうか?

※クリックすると原寸大で見られます。



(残念ながら、コガネムシ幼虫の被害で枯れてしまいました。)


[HERBの庭 入口へ戻る] [薔薇園 へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2002-2016 All rights reserved