病気と保険  
(リウマチと保険)

備えあれば憂いなし?

保険に入りたいと考える時、健康であれば必要な保障額や経済的な問題、保険会社の信用度などを検討すればOK。 でも、病気を抱えている時、特に完治の見通しが立っていない場合は・・・あきらめるしかないのでしょうか? 健康なうちに備えましょう、とか、○○保険は職業による加入制限がありません(三毛子注:この保険は病気だと加入できません)、などとコマーシャルしているのを聞くとと、なんだかがっかりですが・・・。

実は、絶対無理だというわけではありません。 もちろん、条件が厳しかったり、トライしてみた結果やっぱり無理という場合もありますけれど。

三毛子は数年前、古い保険が満期を迎えてしまうのを機会に、新たな保険に加入しました。 保険に関しては全くのシロウトの三毛子ですが、そのとき経験したことなどをお話してみますね。

この件は、過去にお友達の掲示板などで話題に何度か話題になりました。 以下の記事は、そのときの三毛子のコメントの記録などを元に書き起こしたものです。 したがって、以前にお読みになった話が出てくるかも知れませんが、お許しくださいね。

【お願い】 以下でお話することは、あくまでも三毛子(当時の疾病は関節リウマチのみ)の経験で、1つの例にしかすぎません。 また、何か間違っているかもしれません。 疑問に思われましたら、必ずプロにご相談ください。 できましたら三毛子にも、間違いをお知らせいただければ助かります。 記事をお読みになった結果、発生した不利益あるいは損害について、当方は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。


 必要な保証は何ですか?


 病気をかかえていても加入できるか?


 告知って?


 ホントにお得か?


 ◆コラム◆  病気でも入れる医療保険

最近「病気があっても入れます」とうたう保険が増えています。 保障の内容はいわゆる「生命」保険だけというものが今までに多かったパターンですが、最近は病気入院に関する保険も増えてきました。 従来の保険での割り増しや不担保ではなく、病気の人専用の保険です。 今までにも、ある年齢以上なら告知は不要というような保険はありましたが、若くて既往症があっても入れるという保険も増えてきたようです。 うれしいと思えるこのテの保険ですが、ほんとうに裏はないのでしょうか?

まず、これらの保険はどんな状況でも加入・支払いがOKというわけではなく、、なにかしらの条件がついている場合が多いです。 たとえば、ある無選択型(無告知型)の保険Aでは、保障開始日から90日間に発病した病気、および保険開始日前に発病していた病気やその病気と関連のある病気に対しては保険金が支払われない、という条件です。 別の無選択型(無告知型)の保険Bでは、保障開始日より前に医師からすすめられた入院や手術には保険金が支払われず、1年以内の支払いは半額に削減という条件。 限定告知型の保険Cでは数個の告知事項に該当しないということが条件。 ちなみに「無告知」といってもやはり簡単なな告知はあり、そこで加入を断られる場合もあります。

そして、何より保険料がかなり割高です。 そのうえ保険期間が短いものが多く、それだと更新はできるもののそのたびに保険料が上がってしまいます。

外交員に「フツーの保険には入れませんから、専用の保険がおすすめ」と大雑把に言われたとしても、やはり一般の保険についてきちんと告知を審査に出してみて、本当に専用の保険にしか入れないのか、専用の保険とどちらが割安なのか、比較検討してみたほうがいいと思います。 ましてや、ぼんやりと健康に自信がないという理由だけで既往症がない場合には、わざわざ専用の保険を選ぶべきではありません。


 検討する時期


 やっぱりプロと相談しよう


 加入できなくても



[りうまちの庭 入口へ戻る] [りうまちに関するあれこれ へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2002-2017 All rights reserved