Turn Blue ターンブルー


ふわり小林森治さんの青い薔薇のひとつ。
小林さんは青いバラの育種で有名な方です。 青いバラは遺伝子組み換えでしか実現不可能と言われていましたが、小林さんが生み出したのはすべて交配による品種です。 ターンブルーは亡くなった年の作出となっています。



※クリックすると原寸大で見られます。



青? 紫?
不可能を意味する "Blue Rose"、バラの花弁には色素がを作り出すという夢を追う育種家は少なくないですが、いまだ純粋な青は生まれていません。
2004年には遺伝子組換えによって、バラが本来持っていないデルフィニン/デルフィニジンを含む青いバラのアプローズが作り出されましたが、これも紫色寄りでした。
小林さんのバラはいずれも交配で生まれたうえにかなり青く、青竜などの数種には青い色素のロゼシアニンが発見されたとのことです。

※クリックすると原寸大で見られます。



青? 紫?ブルーローズといえば剣弁高心咲きのハイブリッドディー系が多いなか、このターンブルーはふわりとした少しフリルのかかった丸弁で抱え咲きです。 四季咲きのフロリバンダです。 花径は9cmくらい。
開ききると平咲きとなり、黄色い花芯との対比がきれい。

※クリックすると原寸大で見られます。



残念ながら香りはほとんどありませんブルー系には共通する独特の香りを持つものが多いのですが、ターンブルーには残念ながら香りはほとんどありません。 これで強い香りがあればパーフェクト!なんですが。

※クリックすると原寸大で見られます。




[HERBの庭 入口へ戻る] [薔薇園 へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2018 All rights reserved