Gertrude Jekyll ガートルード ジェキル


一輪目デビッド・オースチンのイングリッシュローズで、オールドローズ系です。 濃いピンクの大輪ロゼット咲きで、強いダマスク香です。
ウィリアム・モリスらのアーツ・アンド・クラフツ運動に共鳴したイギリスの園芸家、ガートルード・ジェキル女史(1843-1932)にちなむ名前です。
2004年6月には英国王立バラ協会のジェームズ・メイソン賞を受賞しています。

※クリックすると原寸大で見られます。



二輪目剪定のしかたによってシュラブまたは低めのつるバラに仕立てられるということなのですが、空中庭園的には低めどころか・・・ちょっと油断するとびゅんびゅん伸びてしまって、あっという間に天井につく長さに。 手すりやトレリスにしばって暴れないようにしようと思っても、トゲも強いので扱いがなかなかにたいへんです。

※クリックすると原寸大で見られます。


2年目にはかなり立派な株にオールドローズ系なので、花持ちはあまり良くありませんが、香りを振り撒きながら次々と咲きます。

※クリックすると原寸大で見られます。


クシュクシュ控えめややクシュクシュのロゼット咲きであることが多いのですが、もう少し控えめなときも。

※クリックすると原寸大で見られます。



[HERBの庭 入口へ戻る] [薔薇園 へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2013-2016 All rights reserved