手指の変形と体操 (2001年の記事です) 

※以下、2001年当時の記事です。 装具や体操という治療法自体についてはそんなに変化はないと思います。 でも、わたしの手指のほうには変化があり、現在ではMP関節の人工指関節置換を勧められている状態です。 そのへんを引き算しつつお読みくだされば幸いです




気になる手指の変形、リウマチに縁のない人にはわかりにくいようですが、知ってる人にはすぐわかりますよね。 病院での待ち時間、ご自分の手をさすったりほぐしたり、そしてため息ついてながめたりしている方をよくお見かけします。(たぶん、わたしもやっているかな)
手は毎日の生活で使わないではいられない、とても細かい動きが必要な部分、力もかなり必要です。 でも、それだからこそ変形してしまうことは少なくありません。 わたしの手指も少し変形しはじめているのでした頃には、装具(スプリント)を作ってもらったりしていますした。
ここではその時に教えてもらった体操(指だけだから、指操?)をご紹介します。体操というと、膝や肩などの大きな関節に目が行きやすいですが、小関節でも体操は重要で有効です。 目的は、縮んで固くなろうとする腱を伸ばして柔軟にすること、筋力をつけて変形を補うことです。


 変形の例

尺側偏位
尺側偏位

まずは変形の例を見てみましょう。
これは尺側偏位です。 人差し指から小指までが尺側(小指側)へ流れてしまっています。 指を伸ばす腱(伸筋腱)が本来の位置から尺側へずれて滑り落ちているのです。 滑膜の炎症で腫れが続くと、関節の所を通る靭帯がゆるんで腱がずれてしまうのだそうです。
 
 
 
横から見たところです。 MP関節(指の付け根)が自力では伸びなくなって角度がついてしまっています。 やはり、関節の腫れが続いた結果です。
握り込みの限界 右手がしっかりと握り込むことができなくなっています。 ほぼ握れている左手と比べて見てください。 腫れている時に握り込みにくくなるのは当然ですが、腱が固く縮んでしまっていると、腫れがひいても握り込みの限界が浅くなってしまいます。
(関節リウマチの変形は左右対称と言われていますが、それはあくまでも長い目で見てのことで、全く同時でないこともあります。)
変形をくい止めるためには、滑膜を切除する手術を受けるという方法をとらざるを得ない場合もありますが、そうしない場合は体操や装具で可動範囲を維持します。



 開き寄せの体操

手を精一杯に広げてから、人差し指から小指まで1本ずつ、偏位と逆方向の親指側へと動かす運動です。 なるべく手のひらがまっすぐになるように注意しながら、ゆっくり動かします。 重要なのは動かすことより伸ばすこと、ストレッチということですね。
NG これは良くない例です。 人差し指の付け根の角度に注目してください、尺側に曲がっていますね、なるべくこうならないよう、まっすぐに保つように動かします。
また、上記の横から見た時のような形にならないよう、MP関節をなるべく曲げないで、まっすぐに保つように動かします。

まっすぐ
こんな感じで

開き寄せの体操



鷲(ワシ)手の体操

ワシの手の体操 なるべく手のひらがまっすぐになるように指を伸ばした状態から、人差し指から小指までを同時に握り込む運動、鷲が獲物をつかむようなイメージです。やはりMP関節を曲げないでまっすぐにして行うことが大切です。 なるべく手のひらがまっすぐになるように注意しながら、ゆっくり動かします。
尺側偏位が始まっている場合は、最後まで握り込む前に、MP関節がカクンと尺側へ流れてしまうと思いますので、そうなる手前の位置までで止めます。
自力でうまくできなければ、反対側の手でそっと補助してもOKです。 ただし、無理のない範囲で、痛いくらいに伸ばす必要はありません。 補助
ここでご紹介した体操は、あくまでもわたしのそのときの状態に合った体操です。 まず初めはできるだけリハビリ科などで指導してもらって、ご自分のに合った状況体操をしてくださいね。
関節はいつでも動かせばいいというわけではありません。 腫れている時、熱を持っている時は安静が第一です。 くれぐれも無茶はいけません。 できる範囲まで、気持のいい感じ、これがポイントです。 後で痛くなるようでしたらやりすぎです。



 スプリント(装具)

わたしが作ってもらった、尺側偏位を防止する装具です。 MP関節をまっすぐに、指が尺側へ流れないように、という目的です。 これは右手用、夜寝る時だけ着用するために作りました。 本当は昼間使えるものもあった方がいいのですが、現実には装具をつけたまま色々な作業をするのは難しいので、作ってもらっていません。

装具(右手用、表)

装具(右手用、裏)

装具(右手用、ベルトを通したところ)
ベルトを通したところ

装具の着用例1
着用したところ
装具の着用例2 指を曲げるとこのように。 ちょうどワシ手の体操で補助する時のような感じになります。 眠っている時には指を少し曲げた姿勢になっていると思いますが、装具を着用していると安心感があります。
体操と同じく、これはほんの一例です。 どうぞ、ご自分に合った形・素材のものを作ってもらってくださいね。


 後書き

今回は人差し指から小指までの事を中心に取り上げました。 ご覧になってお気づきのこととは思いますが、親指側にも問題はあります。 機会があれば取り上げたいと思いますが、今のところあまり積極的な指導は受けていません。
体操に関する話題は具体的なだけに、危険が伴います。 体操を実行されていて、疑問に思われた時、異常や不快感を感じられた時は直ちに中止して、医師に相談していただくようにお願いいたします。 また、記事の中の誤りや危険な点にお気づきの際は、ぜひ三毛子までお知らせください。
写真は以前から少しずつ撮りためたものを使用しました。 現状のご報告とは異なっている点もありますことをご了承ください。
尺側 ・・・手の小指の側をさします。 反対の親指の側は橈側です。 前腕の尺骨あるいは橈骨の側ということでこう呼ばれます。
MP関節 ・・・metacarpophalangeal joint(中手指節間関節)の略です。 手の場合を足のと区別して、MCP関節とも呼びます。 リウマチで変形の起こりやすい関節です。



[りうまちの庭 入口へ戻る]

*みけこの空中庭園 ホームへ戻る

Miquette Copyright(C) 2001-2017 All rights reserved